60歳未満の方!?クレマン・ド・ロワール・ブリュット・ロゼ・は送料無料級のお得感~!ラングロワ・シャトー

また注文したいです。シャンパーニュヴァン・ムスーが5〜6気圧。好みの味でよかったです。

下記の商品です!

2017年03月12日 ランキング上位商品↑

クレマン・ド・ロワール・ブリュット・ロゼ・ ラングロワ・シャトークレマン・ド・ロワール・ブリュット・ロゼ・NV・ラングロワ・シャトー(泡・ロゼ)[Y][A][P]

詳しくはこちら b y 楽 天

とても美味しく頂きました。次は自信を持って、友人宅に持って行きたい一品です。食事をしながら飲むには甘過ぎず辛すぎず、さっぱりしていていいと思います。お味の方は!フルーティーで!ドライではなく!でも後味の抜けがさわやかでした。色合いもとてもきれいです。普段はムッサのロゼを頂いていますが、まったく印象が違いますね。淡いバラ色、サクランボやフルーツキャンディの香り、泡立ちもよく美味しいです。むしむしした日にキリリと冷やして!気軽にグビグビ飲めました。いや!確かにこれすごいポテンシャルですわ。価格も香り・味わいも満足です。ロゼらしい!やさしい甘さが感じられ!豊かな味わいが感じられます。色は綺麗なピンク色、これだけでテンション上がります。泡立ちはカヴァと比較してもきめ細やか。まずデザインがシンプルでありながらお洒落なのが良い。『『第八の使徒』がスパークリングだとしたら!俺からの1本はこれ』と!マスターが出したスパークリングに!メンバー一同!大興奮!『うわぁこれいい!』『なんじゃこれ!?ウマッ!』シャンパンと見紛うその味わいに!皆が感激する中!明かされた正体は…!ロワールの名門!ラングロワ・シャトーのクレマン・ロゼでした!(『週刊モーニング2010年6月10日号』掲載『神の雫』より抜粋)という触れ込みの!このクレマン。妻が喜んだ顔をもう一度見たくて!リピートしてしましました。どちらもお勧めです。クレマンはややソフトな発泡(3〜5気圧)ですが、それが返ってチ ク チ ク し な いクリーム感で、炭酸が苦手な女性には人気だと思います。ロゼのスパークリングとして!コスト・パフォーマンスを考えれば十分の品質です。うちの家内は飲んだ瞬間に「何これ!美味しい!」と、今まで美味しかったワインメモに記入。AOPクレマン・ド・ロワールのロゼ(アルコール度数12.5%)、是非中華料理と合わせてみてください。って感じですが!こちらは女性に強くオススメします。やっぱり美味しいですね。ムッサのロゼは男性にもどうぞ。おいしかったです。流石にロワールだけあって繊細な味わいで、泡のきめ細かさ、アルコールのボリューム、香り、全てのバランスが取れています。また、買います。食事に合わせ易いクレマンでしょう甘すぎず!キリキリしてなくて!それでいてクレマンとしての主張はしっかりあるあまり個性がないなぁ〜と思って飲んでいるうちに気付くとなくなっている!そんな泡です泡がブクブクしていないと駄目な人には向いていません食事と語らいの友として飲んでみて下さい気が付くとまた注文しているかも・・・ボトルの外観!ミュズレのデザイン共に○です泡はボトルの見た目!美しさ大事ですからね手頃な価格なので少し人数の多いパーティー等でも安心して沢山出せます。夏にホームパーティーのアペリティフとして開けましたが!まさにピッタリ!ラズベリーやストロベリーの新鮮な香り!軽やかな口当たり。またリピートしたいです。値段も手頃なのに!安い泡にありがちな粘っこい味はなく!いちごのアロマの優しさと後味の軽さが心地良いロゼです。記念日に嫁と飲みました。この値段が信じられません。シャンパーニュほどの華やかさはないが、非常に完成されたスパークリングでした。とってもフルーティー。食事にも合わせやすく重宝しています。私はもう少し甘い方が好きなので!一緒に購入した天使の方が飲みやすかったです。ワインを飲み慣れていない女子にオススメしたいです。そのメモを見ると、この冬から今まで飲んだワインのなかでメモに載っているワインはこれで3本目!それほど気に入ってもらえてちょっぴり嬉しい(^o^)同じワインをリピート買いしたことはないのですが、家内の期待にこたえてリピートしようっかな。シャルマ方式で作られるコノスルと比較するのはフェアじゃないのかもしれないのですが・・・。評判通り、とっても美味しいロゼクレマンですね。ロゼの淡いピンク色が食事を楽しくしてくれます。カベルネ・フラン100%ということで、面白い味わいです。白ぶどうのクレマンも飲みましたがこちらも大変美味しいです。あまりお酒は飲まないのですが!気になったので!購入しました。レビューが良かったので購入しました。星5つでも良いかなーと思いますが!同様に美味しいコノスルのロゼスパークリングと比較して価格が若干上のため!星4つとしました。